上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月最終週から更新はお休みしています。

特に理由は無いのですが、また再開しますので
いつかは分かりませんがその時から更新していきます。

11月最終週、ドバイショックなどでクロス円暴落していましたが
利も無く損も無く… でした。
決して、「退場」になったわけではないので~ 大丈夫です(~_~;

12月第1週目は、ドル円 買い を2回だけエントリーして
2回とも利が乗って、昨晩金曜日の雇用統計後に利食いできました。

と言っても、残した1枚が +2円 53銭で、
あとは 5枚建てたうちの 4枚は+30銭など~ です。

ではでは。。
スポンサーサイト
11/21 土曜日 22:28

週末の金曜日はほとんど動かなかったドル円ですが
米は指標もなかったのですが、NY時間から少し上下していました。

クロス円の下落は少し落ち着いてきたかとも見ていましたが、
ドル円は89円台に乗せて来たかと思えば
再度 88円台に下落で、今朝は 88.91で終わっています。

週明けは東京が休場ですので、昼間はあまり動きがないかもですが
クロス円は全体的に大きく下落していました。

調整によって少し反発してくるかもしれないですが、
上昇トレンド形成まではまだ時間がかかりそうで
戻り売り有利かと今は見ています。

ドル円は、上は 89.50-55を越えるのは難しいかと見ていますが、
下も 88.60ではショートカバーが入るのか、
サポートもこれまではまだ強そうです。

ただ、このラインを完全下抜けると、88.00 そして
年初来安値の 87.10を目指す動きともなりそうですが。。

先週も大きな動きは無く、レンジと言っていいですが
レンジが長い分、どちらかに抜け切った方に
勢いがつく段階に来ているかと。

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さい。
11/14 土曜日 19:33 

昨晩の米指標結果です。

22:30 米 9月貿易収支 -365億ドル / 予想 -318億ドル
22:30 米 10月輸入物価指数 0.7% / 予想 1.0%
24:00 米 11月ミシガン大消費者指数 66.0 / 予想 71.0

米指標は予想を下回る弱い結果で、
発表後はドル円は急落していました。
発表前から急落していましたが、指標でさらに急落でした。

89.46まで下落していましたが、今朝は 89.67 で終わっています。
週明けから下げてくるのは分かりませんが、
目先は 89.20 を割り込んでくるど、ちょっと下に勢いがつきそうです。
中でもユーロ円の下げは強かったですね。

ドル円レンジでしたけど、89.60台で終わったことで
レンジ下限から下に抜け切ることができるか!?
といったところかと。

米指標の悪い結果などありますが、米経済の立ち直りには
ドル安が相応という観測もあるみたいですが、
私はそういった観測などを考慮してトレードはしていないです(~_~;
あくまでチャートを基本として。です。

週明けこそ?レンジを放れてボラが出てくれないと~
と思っていますが、相場は思い通りにはいかないですから。。

今の時点は、上は 90.54-56
下は 89.20 、心理的な意味もある 89.00を完全に割りこんでくると
下方向は強くなるかと見ています。

目先上っぽくも見えていましたが、
金曜日の夕方から売られたのと、指標も悪いこと、
レンジの下限で終わっていること、レンジが続いていたので
これで下抜けなら、エネルギーを溜めている分強くなりそうですが。。

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さいm(__)m
11/7 土曜日 20:35

昨晩・22:30 雇用統計の結果です。

非農業部門雇用者数変化 : -19.0万人(事前予想 -17.5万人)
失業率 : 10.2%(事前予想 9.9%)

ともに予想より弱い結果となったことから、
ドル円は急落していきました。

再度、90円を割り込み、いったん90円台に回復も
89.60と再度安値を更新していました。

円買いとドル売りの流れですが、
ドル円は、89.14-16を完全に下割ってくるようですと
下落の勢いがつきそうですが。。

今週のドル円レンジが続いていましたが、
雇用統計失業率が10.2%と悪化したこともあり急落していましたが、
買い方はストップ売りを巻き込まれていると思います。

89.60まで下落しましたが、週末でもあり
ショートカバーが入ったようで下げ渋りましたが、
週明けからどうなるか。。 89.14-16を下割ってくるのかで
目先のトレンドが形成されそうです。

週初めに89.20の安値を付けていましたが、
大体、90.00~91.00の狭いレンジの動きでしたが
90.00を割り込んだことで、戻り売り有利かと思います。

下は、まずは89.14-16を割ってこないと~ ですが、
安値売りは避けたいところでもあります。

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さい。。。
10/25 日曜 15:30

毎週の独り言のFX日記、今週もお休みです。

サボリまくりです。。
毎週の独り言日記、今週もお休みします。

雑務処理がいっぱいいっぱい・・・

まだまだ終われない。。 ふぅ~
毎週末のうんちく日記は、今回はお休みです。

からの出入りが多くてゆっくり出来なかったです。

明日からの相場も頑張りまっ。。
10/3 土曜日 13:55

昨晩は米雇用統計でしたが、

失業率 9.8%/予想 9.8%
非農業部門雇用者数変化 -26.3万人/予想 -17.5万人
製造業雇用者数変化 -5.1万人/予想 -5.2万人

10月雇用統計結果でした。
非農業部門雇用者数変化は、予想よりもかなり悪い結果でした。

発表後は、ドル円は 89円割れとなって
一時 88.60付近まで下落していましたが、

売り方の利食いが入ったのか、週末ということもあると思いますが
いったんの手仕舞いなどから、89.72で今朝は終わっています。

週明け、ドル円は再度 89.00を割り込んでくるようですと
売りが加速しそうです。が。。

雇用統計悪化から売り込まれたことから、買い方のストップも
取られたと思いますが、急反発したことによって
一先ずは レンジの完全抜けにはならなかったです。

日足チャートでは、移動平均線などからも
まだ下向きで戻り売りが有利だと思いますが
上昇には強いインパクトがないと難しいのでは??

88.60 さらに 88.15 を下抜けするようですと
下落は加速するかと… 

それでは良い週末をお過ごし下さい!
9/26 土曜日 15:18

25日・金曜日、NY時間で
ドル円はとうとう 90円台を割り込みました。

欧州時間では、ドル円は一瞬 90円を割り込んで
すぐに 90.30-40あたりまで戻していたので
90.00では強いのかな。とも思いましたが

再度 90.00を割り込むと、下落スピードは速かったです。
これで、クロス円も巻き込んで円高の展開になりそうです。。

レパトリ絡みの円買いがあったかとも思っていますが
一時、日本が介入?の警戒感もなくなったようで
円高に繋がったことも結果としてですが言えるのかもです。

90.00を割ったことで、次は年初の87円台を目指す動きとなりそう
でもありますが、いったん87円台をつけた方が上昇のためには
そういう動きが必要なのか。とも思いますが。。

目先は戻り売り有利と見て、
上は 90.50、91.60
舌は 88.50 87円台突入

年初来安値の 87 も意識しておいた方が無難だと思います。

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さい。
9/12 土曜日 12:02

週末昨日のドル円は朝から値を下げて
欧州時間から、91.00を割り込みました。

NY時間からも下げてきて、米指標がありましたが
ほとんど影響は無く、一時 90.20をつけていました。

かと言っても下落も強かった分、週末ということもあり
買戻しなども出ていたと思いますが、朝は 90.66で終わっています。

原油金利安などからドルが下落していましたが、
売られ過ぎ感もありますが、上でも下でも行くときは
そこまでいくか!? というのも相場ですし、
そういう場面を幾度と見てきています。

こうなってしまえば、戻り売り優位と見ていますが、
91.超え。91.55 あたりでは再度売られそうですが。。

90円を下割れてくると、買い方の投げも出るようなら
売りが売りをよんでさらに下落していくと思います。

下に向かうようなら、87円台が意識されそうですが。

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さい(~_~
9/5 土曜日 14:14

昨日は雇用統計待ちということもあったと思いますが、
動きは少なかったですが、ドル円雇用統計後は一瞬下落も
93.23まで上昇後はその後はそれほどでもなく
今朝は93.01で終わっています。

雇用統計は就業者数は少し良かったのですが、
失業者数は悪い結果となりました。

93円超えでは上値は抑えられている格好となっていますが、
週明けは上抜けても93.50が一つ抵抗があるように見えますが
超えてくると94.00にはタッチしそうかと。

下は91.70-75を割り込んでくるかですが、
大きな流れはまだ下落基調かと思いますが
反転するとするなら、今の93.00あたりからどうなるか?
といった感じかと。。

上は 93.50、いっても94.45-50
下は 92.30、91.70を割ってくれば。。

かと今は見ています。

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さい。
8/29 土曜 14:02

金曜日は、ドル円は東京では上昇していましたが
日足、4H足なども考えて、私はここで買いとは見れませんでした。

上昇後少し売られて、欧州勢参加時間からドル円
94.07まで上昇していましたが、高ければ売られて
NY時間では指標時間はそこまで動かなかったですが
その後は 93.40まで下落する場面もありましたが、
そこまで大きな動きでもなく、今朝は93.58で終わっています。

ドル円は 94円超えでは売られる展開で、かといっても
下値もどんどん下抜けする勢いは無くてレンジ抜けを
考えたエントリーはほとんど戻されてしまいました。

上は 94.50前後、下は 93.前半 と見ていますが、
93.00完全割れするようですと、ストップ売りも並んでいると思いますが
ショートカバーもあるので考慮していますが、
93.00完全割れは、91.70-80 を目指す展開になるかと見ています。

いずれは90.00を下割れてくるのは?と思いますが。。

そういえば明日は選挙。私は部屋でのんびりしています(~_~;

それでは皆様良い週末をお過ごし下さい。
8/22 土曜日 18:41

今週はしょぼしょぼの結果でしたが、
損では無かったので良しとしないといけないですね!

さて、ドル円は円高気味で推移していましたが、
昨晩の指標から上昇していました。

ここから本格的な上昇になるのか、戻りは売られて
再び下落となっていくのかが焦点となってきそうです。

93.80前後の動きから、93.40まで売られましたが
指標とバーナンキ議長の発言から、一時は 94.70まで
1円以上上昇しましたが、戻りは売られて94.36で終わりました。

94円割れでは週末ということもあったと思われますが、
シュートカバーで戻し、94.70では戻りを売られました。

95.45-50は重そうですが逆に超えてきて
96.00-05を越えてくると流れが変わりそうです。

週明け目先は、95.05 95.50
下は先日の93.80 93.25-30 を下割れば
下落は強まりそうです。

週明け改めて。ですが、基本的には
戻り売り有利と今の時点ではそう考えています。

それから、総選挙後に政権交代があるとすると、
民主党ですと為替介入の可能性がある?
市場関係者の中ではその憶測が出てきているみたいです。

87.00を割り込むようですと為替介入があるのか!?
とも思ってしまいますが、個人的にはそういう予想はしないです(~_~;

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さい。
8/15 土曜日 19:13

さて、FOMCも終わり、予想通り金利は据え置きで
国債買入れ規模は据え置きでした。

発表後は上下に大きくブレていましたね。
日本はお盆休みということもあって、レートの飛びを
警戒していましたが、指標は元々なのでともかく
そこまで極端に飛ぶようなことは無かったです。
(毎年年末は凄い飛びますけど。)

先週の雇用統計から、今週は押し目買い有利かと見ていましたが
結局は雇用統計の上昇も全て解消する下落となりました。

FOMCでは利上げ観測の後退からか下落し、
株安などからクロス円は下落したことから、NY時間は
リスク回避でショートカバーから94.80まで戻して
今朝は94.82で終わっています。

下抜けは回避した格好となりましたが、戻りも限定的かと思います。
今週明けとは一転して、94.00を完全下割れでは下落トレンド
強まりそうです。 92.70割れもあるかと。

米国債償還利払いもありますので
下落は強まりそうですが、はっきりと円高になります。
と言えないのも相場ですね。

上は95.70-80で重そうですし、
下は94.00割れれば、92.70 さらに割れれば、
91.80 が視野に入ってきそうです。

ドル円 95.77 売り 残り 1枚 残して
週末の持ち越しです。。

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さい。
8/8 土曜日 19:01

梅雨も明けて今日も暑いです…

さて、BOE政策金利は予想通り0.5%で据え置きでした。
「景気後退は深刻~」 といったことから、資産買い入れの規模を
500億ポンド拡大したことからポンドが売られていました。

この時にポンド円 1枚だけ売り持ったのですが、
昨晩の米雇用統計が爆上げであっという間に+69銭のストップで
約定で終わりました。

ECB政策金利も 1.00%で据え置きでした。

そして、米雇用統計で円は全面安となりました。
この上昇でストップの買いを巻き込んでいますね。

ドル円は95円台のレンジでしたが、米雇用統計後、
上放れるとストップ買いも大量にでていると思いますが
週明けの東京市場は下げてきたとしても、
こうなってしまえば押し目は拾われそうです。

下は 95.50ですが、展開的には
上は 6月高値の 98.90を目指すような動きでは?と。

レンジ抜けしたドル円ですが、レンジが長かった分
この上抜けは目先はトレンド発生になりそうですし、
下げても押し目は買われそうです。。

お盆になりますので、市場参加者が普段より少なくなります。
日本の場合はですが。レート飛びは注意です。

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さい。
8/1 土曜日 11:45

昨日はあれからスキャル的に数回トレードしました。
全部売りポジで。損切りが無かったので良かったです。

金曜日夜でもありましたので持ち越しは考えていなかったです。
週明けから改めて。です。

さて、昨日は東京では下落、欧州では上昇、
米ではGDP指標結果を受け再度下落で

米時間では、急落の動きとなっていました。
東京、欧州時間では、何だかなぁ… と思いながら
エントリーしていなかったのですが、米GDPを見てから。
でいいか。と思っていました。

そのGDP結果です。

第2四半期GDP(速報値)    :-1.0% (予想:-1.5%)
第2四半期個人消費(速報値) :-1.2% (予想:-0.5%)
第2四半期GDP価格指数(速報値):0.2% (予想:1.0%)
第2四半期コアPCE(速報値)  :2.0% (予想:2.4%)
7月シカゴ購買部協会景気指数 :43.4(予想:予想:43.0)

米時間での急落は、7/8のロンドンFixで急落を思い出しました。
投信設定期待の動きもあったかと?で、結果として言えるだけの
ことですが、買われ過ぎていたのは。と思ってしまいます。

ドル円は戻り売り有利とは思っていましたが、
これで上2番をつけたか。といったところです。

この急落で上昇したとしても、95円ミドルあたりでは
売りが厚そうに思います。超えたとしても、95円後半は
さらに売られそう。かと今は見ています。

とは言いましても、93円後半、93.20あたりでは押し目買いも
強そうですが、下抜けすると 91.75-80が視野に入ってきそうです。
91.75を完全下抜けになると、下落基調はかなり強くなって
どこまで~?になりそうですが。。

ということで、昨晩寝ます。と言いながら 
「トレードしてしまった」(こういうのはいけない!) 夜中の短時間トレードです。
1000 (126)
他の細かい損益はトレンドを考えたエントリーではなくて
TOPページのTOTAL収益は(スキャルなどの)結果は含んでいないです。
7/25 土曜日

昨日は上下幅が少ないドル円でしたが。
金曜日夜ということもあり、23:00前にはトレードは
ヤメ。と決めて早々にPCを閉じました。

欧州タイムからは一瞬上昇してくるかと思いましたが、
95円台に乗せるも重たくて、チャートを見ていると
一生懸命上に行こうとしている感じも、すぐに失速で
エントリーしようとは思わなかったです。

ポンド円はGDPが悪かった事で売り込まれていました。
ドル円は95.00超えは重そうですが、週明けからじっくり
見ていこうと思います。

95.00越えでは売られるようですが、底も強かったことから
93.20~95.40あたりのレンジになりそうな感じもしますが、
そうは言ってもいつかはどちらかに抜けてくるのが相場ですので。。

93.20を割り込んだとすると、91.70は大きな抵抗があるので
反発力も強そうですが、下抜けすると、90.00を目指して
レパトリのある 8月になればその可能性も高くなりそう?かと。

押し目買い有利でも、戻り売り有利でも どちらとも言えない
ような感じですが、95.40-45を上抜いてくるようですと
上に強そうですし、93.20を下抜けしてくると弱そうですが。。

抜けた方で考えてからでも良いと思いますが、
その前にポジションを持っておいて~ が理想ですが…(~_~;

それでは皆様良い週末をお過ごし下さい。
7/18 土曜日

おはようございます。
昨日はいつもより早めに寝てかなり寝ました。
こんなに寝たのは久しぶりです。

まぁ、損だったり、いまいちだったりした時、
金曜の夜でもあったので、慌ててポジらなくても
月曜日からまた相場は始まりますしね。

さて、週末はドル円レンジでしたが、93円後半での推移
でしたが、日中は高値を抜けて94円台に上昇も
すぐに 94円を割れるという展開で、上にも下にも。でした。

NY時間と指標から動いてくるだろう。と、ちょうど
チャートを見ていてもそう見えていたのですが
企業決算、指標などから 94.00を超えてわずかですが
上昇して今朝は 94.23 で終わっています。

今週は銀行決算が良かったようですし、指標も大体は良かった
ようです。特別材料がなさそうな中で、そういうことからか
ドル円は全体的には堅調な動きでした。レンジを除けば。

94.23 で終わっていますが、94.50では売りものも厚そうで
チャートを見ても、94.50を抜けるか止まるかが目先の
ポイントになるのでは。と見ています。

抜ければ 95円台も視野に入るかと思いますが、
大きな流れ的にはドル円はまだ下げてくるのでは。
と個人的には思っています。

上は 94.50、95.20-25
下は 93.20 91.80 では強かったので、そこでは拾われそうですが。

それでは皆様良い週末をお過ごし下さい。
7/11 土曜日 

さてさて、ドル円・クロス円の下落は大変なことになってきました。
何とか 94円台を維持していたかとおもっていましたが、

94円を割れると円買いが爆発!!
一時、91.80まで急落していましたが、ロンドンFixで大量の
円買いも出ていたようですね。

ドル円だけではなく、ユーロ円は一時、127円割れ、
ポンド円は一時、146.71まで下落していました。

そして昨日は、東京では 93円台をキープも、
93.00を割り込むと売られて、欧州タイムからは売られて
92.00を割り、一時 91.81まで下落していました。

8日安値と並んだところで反発して今朝は92.48で終わっていますが
中期、長期ともに下落トレンド形成中で、上値は重そうに見えます。

雇用統計から下落が続いているドル円ですが、
ドル円は戻しても 93.60 、頑張っても 94.00 くらいかと
思いますが、下値は 91.80を完全割りこむとで
90.00割れを目指す動きとなりそうです。

前に言いました、93.82-83 を目指す動きに~
は、とっくに過ぎてしまいましたね。。

売りは売りでも、安値つかみは避けたいところですが、
戻りは売りでエントリーしたいと思っています。

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さい。
6/27 土曜日 12:20

おはようございます。と、もうお昼ですが。

いまさらですが、
今週のFOMC政策金利は、0.25% → 0.25%で据え置きでした。
この時はエントリーはしていませんが、チャートを見ていると
ドル円は乱高下していました。

その勢いもあり、96.50ミドルまで上昇していたドル円ですが
上値では売られてからは、今朝は95.22で終わっています。

ユーロ円は135円を超えてくるかと見て、買いでエントリーして
みましたが、他通貨もみながらやっぱりマズイ?と感じたので
すぐにストップをいれて+1銭で終わったトレードがありました。
結果論ですが、それで良かったと思っています。

中国人民銀行の 
「1つの通貨が世界の金融システムを独占するのは深刻な問題
 中国には中・長期的なインフレリスクがある
 IMFは加盟国の外貨準備の一部を運用すべき」

といった表明があり、ドル円は 95.00まで下落していますが
95.00は何とか死守した格好となりましたが、

週明けから、95.00下抜けるような展開になると
93.80を目指すような動きになるのでは?と思います。

※昨日のドル円 96.77 売り 1枚は残して週明けまで保有です。

ドル円は、上は 96.50が限界かと見ていますが、そこまで上げなくてもい
上げれば売られてきそうなチャートにも見えますし
戻り売り有利ではないかと思います。

そういえば、マイケルジャクソンが死亡したのですね。
トレードは今週は終わり。と昨晩夜中過ぎに決めてから、
ネットを見ていると知りました。

私はファンでも何でもありませんが、さすがにスーパースターなのか
名前は知っていますし、よくTVなどでも出ていた人ですしね。
50歳ということですが早いですね

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。