上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一般的なFX外国証拠金取引総合課税されますので、
収入の多い人は益々税率が高くなります。

そこで、一つに クリック365 が、税金面ではお得です。
今のところ 取引通貨が少ないとか・週を跨いでの注文が出来ないなどの
難点も有りますが、税金の事を考えると クリック365 での取引が有利かもしれません。

また、スター為替株式会社 も、一つにあります。
・ 手数料が安く、システムが安定してます。
・ 申告分離課税なので税金が20%と一定しています。
・ 確定申告資料も郵送してくれます。
・ 取引所為替証拠金取引なので安心。

くりっく365 税率表

以下は税率表です。
税率 (所得税+市町村民税+都道府県民税) 概算表…定率減税適用前
所得金額         くりっく365(申告分離課税)     非取引所取引(総合課税)
200万円以下             20%                 15%
200万円超330万円以下                         20%
330万円超700万円以下                         30%
700万円超900万円以下                         33%
900万円超1800万円以下                        43%
1800万円超                                50%

正確性には万全を期していますが、その正確性を必ずしも保証するものではありません。
また、サイト内情報を利用した結果に対しての責任は負いかねますのでご了承ください。
スポンサーサイト
FXを始めて利益が出始めると嬉しいですが、「税金」の問題がでてきます。

FXでは、大きく儲けるほど税金が重くなる仕組みになっているのですが、
多くの方は利益が出始めてから税金対策を考え始めます。
しかし、最初から税金の事を念頭において、うまく節税対策をする事が大切です。

FXで得た利益は雑所得に区分され、年間20万円までは申告義務がありませんが、
スワップ投資をしている方は、毎年スワップ金利で利益が出ています。

申告不要枠の20万円を利用するかどうかで支払う税金の額が違ってきますが、
この20万円の枠を活かしましょう。 活かせば、
税率によって4万円~6万円の節税ができます。

通常のFX会社では、何年もスワップ金利が貯まっていき、決済しない限りは
雑所得になりませんが、決済しない年はいいとしても、決済した年には
数年分のスワップ金利に対しまとめて課税されてしまいます。

例えば、年に20万円のスワップ金利が発生する場合は、
2年分をまとめて決済すると40万円の20%の8万円が税金となるのです。

逆に言い換えれば、20万円ずつの2回に分けられれば申告不要となり、
税金はかからないという事になります。

そこで、決済をしなくてもスワップ金利を受取れる
セントラル短資 のようなFX会社を利用すれば可能です。

毎日スワップ金利が口座に入金され、
引出しも自由な為、決済の必要がありません。

その為、申告不要枠を使う事が可能になります。
こういったFX会社の様々な特徴を活かして、せっかくの利益を
少しでも多く残したいところです。 これは決して違法ではありませんので。
FXである程度利益を生む事ができるようになってくると、
確定申告の必要が出てくるようになります。

FX確定申告には、規定があります。 FX取引の利益が、20万円以上出た場合に
FX確定申告の必要があり、確定申告の対象となります。

確定申告をしない事により、後になって重加算税の対象となってしまう事が
ありますから、きちんと確定申告は行いましょう。

先程20万円以上の利益といいましたが、この利益というのは、
FX取引をする為に必要となった経費を差引いた純利益をさします。

経費とは、取引に必要となった資料や通話料金などです。 また、
インターネット接続料金やセミナー、講習会の受講料、新聞代等も経費と
認められれば課税の対象とはならないので、きちんと申告しましょう。

領収書はフルネームで書いてもらってください。
領収書はこまめに貯めておくようにしましょう。領収書は無くさないでください。

また、申告期日前になって慌てて整理し、
申告漏れをする事のないよう事前に月毎にまとめるなどして整理しておきましょう。

しかし、申告の仕方をよく知らずにいると、大変な損をしてしまう場合がありますので、
後々困らない為にもきちんとFX確定申告の確認をしておくことが大切です。
マージンコールロスカットと似ています。

ロスカットと同じように、証拠金から(未実現)損失を引いた金額が
一定割合を下回った場合、強制的に決済がされてしまうルールです。

しかし、マージンコールは以下の点でロスカットと違います。

一日一回だけ金額のチェックがされる (ロスカットは15分~30分に一回程度)。
マージンコールの状態になってから、決済されるまで、約1日ぐらい猶予があります。
ロスカットロスカットラインを下回った瞬間に決済されます。)

全額決済されるわけではなく、マージンコールの状態が解消される分だけの
ポジションが決済される (会社によっては、マージンコールでも全額決済されます。)

マージンコールラインは、ロスカットラインより大きく設定されます。
(例えばマージンコールラインが50%で、ロスカットラインが20%など。)なので、
マージンコールはロスカットに比べて、ゆるいルール先に適用されるルールと言えます。

(例) 1ドル=100円で保証金は 100万円
    10万ドルを購入 (レバレッジ10倍)
    マージンコールラインは 50%
    ロスカットラインは 20%

 1ドルの値 保証金-損失 保証金維持率 マージンコール? ロスカット?
   97円   70万円          70%           セーフ
   95円   50万円          50%         マージンコール
   92円   20万円          20%           ロスカット

上記を参考に、外為どっとコムのマージンコール・ルールで何が起こるか?
マージンコールのルールは、ほぼ下と同じですが、 会社により異なります。

一日が終わった時点 (会社によりますが、NYマーケットが閉まった時点や
東京マーケットが閉まった時点などが多いようです)で、
1ドル=95円を下回っているとマージンコールがメールなどで連絡がされます。

その瞬間には何も起きませんが、
メールには以下のどれかをするような場合が多いです。

1・証拠金保証金)を追加入金する
2・ポジション(通貨購入量)を減らす

それで、どちらかをすればいいのですが、翌日の15時までに何もしなかった場合、
またはしていても、まだ保証金維持率を上回れない場合は、
外為どっとコムが保証金維持率が上回ることができるまで決済をします。

また、その日のうちにドルが急落し、95円を通過して、92円にまで
達してしまったとします。 そうなると、その時点でロスカットルールが発動され、
全てのポジションが決済されてしまいます。

ほとんどの業者・会社はロスカットルールを設けていますが、
マージンコールを設けているのは半数くらいだと思います。
予想に反して購入した外貨米ドルの場合)が下落した場合、
決済した時点で多くの損失が出て、証拠金(保証金)を超えてしまうことを
強制的に防ぐ=ロスカットです。

投資をしていた人は、追加で証拠金を払わなければならなくなり、
保証金が全額なくなった上に、何十万円・何百万円 もの追加証拠金追証
支払わなければならないということも考えられます。
外国為替証拠金取引(FX)は、リスク管理が大切ということです。

そこで、証拠金に対して、ある一定の割合まで損失が広がると、
決済指示を出してなくても、外国為替証拠金取引業者が強制的に決済をする
ルールを設けて、顧客を大損から守ろうとするのがロスカットです。

仮にですが、ロスカット為替の計算をしてみます。

(例)100万円を証拠金。
   1ドル=100円で 10万ドルをA社で購入(レバレッジ10倍)
   A社のロスカットライン(保証金維持率)が25%だとします。

 1ドル=97円のとき
  損失は30万円 (保証金)ー(損失)=70万円(-70%) → セーフ

 1ドル=95円のとき
  損失は50万円 (保証金)ー(損失)=50万円(-50%) → セーフ

 1ドル=92円のとき
  損失は80万円 (保証金)ー(損失)=20万円(-20%)<25% → ロスカット

 → その時点で購入している全ての外貨が全て強制的に決済されます。


ロスカットのポイントは、自分では決済指示を出していないのに
全てのポジション(外貨)が強制的に決済される。 という点です。

レバレッジを決める際には、
簡単にロスカットされないようなレバレッジにする必要があります。

ロスカット圏内に入ってしまうと、「また、後から必ず上がる!」と思っていたのに、
強制的に決済されてしまいますので、予定が大幅に狂う可能性があります。


簡単にロスカットされないレバレッジとはどれくらいなのか?

(例)100万円を証拠金
   1ドル=100円でA社で購入。
   A社のロスカットライン(保証金維持率)は20%とします。

 レバレッジ  ロスカットされるレート
   1倍        20円
   5倍        84円
  10倍        92円
  50倍        96円
 100倍      99.2円

レバレッジ100倍の場合は、
たった80銭動いただけで ロスカットされてしまいます。

スワップ金利目的で長期間保有する場合は、10倍でも危ないかも知れません。
USDJPY/米ドル円  0.1ポジション  買い  119.79  07/05/09

またまた高いけど、0.1ポジ・・・ スワップ狙い長期保有予定です。
急激な円高でも絶えれる資金OKです。
豪ドル同様に高利で有名なNZドルですが、政府は通貨高で困っている?とも。

NZドルは高利です。 そのため、豪ドル以上に日本人に人気が高い通貨
として知られています。 投資信託でも 「NZドル建て債券6%」 など。

ニュージランドは貿易赤字国ですが、2005年の経済動向は堅調で、
不動産市場は年10%以上の値上がりを続けています。

この時期、NZ準備銀行RBNZ)は利上げを継続しています。
そして、さらに人気が上昇と好循環を続けていました。

一般的に通貨高は、通貨発行国にとって悪いことではないのです。
ただその反面、過度の通貨高は国内輸出企業を苦しめることにもなります。

特にニュージランドは特産が少ないのです。
輸出品目の中心は農産・林業で、あとは観光業が主です。

つまり、ニュージランドにとっては NZドルが急騰すれば、国内輸出業者が困り
日本からの旅行客が減ってしまい、円安になれば海外旅行のコストがかさむ為、
ニュージランド経済にとって望ましくない状況と言えるでしょう。

そうした中、2006年初頭に ニュージランドの中央銀行幹部・総裁ボラード氏が
日本に来日、「日本の個人投資家さん、もうこれ以上 NZドルを買うのをやめてください」
と発言したとの一幕もありました。 また、カレンNZ財務相は、
「NZ経済は減速し、NZドルは下落する可能性が高い」 とも。

日本から見れば、80円を割るような円高局面があったその当時は、
トヨタやソニーは、「1円円高に振れるだけで、○○億円の減収になる」
などの報道がありました。 早く為替介入をしろとの示唆ともとれる報道も。

NZドルは豪ドルと似たような動きを見せることが多い。
地理的にも近く、最大の貿易国であることが要因かと考えます。

2000年秋には、ユーロ安を背景に NZドルは対ドルで0.4、対円で43円まで
NZドル安が進みました。 しかし、2001年秋以降、日本政府による大規模な
円売り介入が継続的に実施されたことを背景に、NZドル円は反転し、
2004年 3月には、対円で6年ぶりとなる76円まで上昇しています。
その後も2005年にかけ継続的に上昇し、一時87円台に乗せるまで急騰。

豪ドルが価格の動向との関連が強く、商品市況が堅調=豪ドル高
のイメージが強いとも言えます。 豪ドル=NZドルとのイメージも強いです。
結果、「商品市況が堅調=NZドル高」 のイメージを持つ個人投資家も多いのでは。
しかし、ニュージランドではなど資源が取れない。
羊など第1次産業が中心で、そこが豪ドルとの大きな違いでもあります。

ファンダメンタルズ的には下落の可能性もありますが、
日本の個人マネーがNZドルをサポートするのか? 人気だけは続きそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。