上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一言で、「てこの原理」 です。

レバレッジ とは、「てこ」の意味で、「少ない力で大きな力を生み出す」
要するに、「少ない資金で大きなお金を動かす」 ことです。

通常であれば、手持ちの資金のみで外貨を購入するという事になりますが、
FXでは その何倍もの外貨を購入することができます。

例えば米ドル = 100円とします。 
1万円の資金があれば、100ドル購入することができます。
この場合、1円の値動きがあった場合、100円の利益又は損失になります。
この状態を レバレッジ1倍になります。

そこで、もっと大きなリターンを狙いたい場合、
もっと多くの資金が必要になるわけですが、FXでは資金が無くても狙えます。
1万円で1万ドルを購入する事もできるからです。
つまり、1円の値動きで 1万円の利益。又は損失となるわけです。
この状態を レバレッジ100倍になります。

FX取り扱い業者にもよりますが、このレバレッジは自由に設定する事ができます。
単純に考えると、ローリスクローリターンを狙いたい場合はレバレッジを低く、
ハイリスクハイリターンを狙いたい場合、はレバレッジを高く設定することになります。
リスク投資としての面白さの両方を選ぶ事が出来るとも言えます。

レバレッジを100倍にして勝負し、大きく下落してしまった場合どうなるのか?
(レバレッジの倍率は抜きにしても)
無制限に損失を補填しなければならないのでは?
と思いの方もいるかもしれませんが、自動ロスカット=強制決済になり、
悪い言葉で言いますと、FX取引上でのいわゆる 「破産宣告」 になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。