上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FX・外国為替証拠金取引は、元本保証の商品ではありません。

FXの特色であり魅力でもあるのですが、レバレッジをかけた状態では
急激に相場が変動した場合、大きな損失を被ることになります。
その損失を抑えるための仕組みが自動ロスカット強制ロスカットです。

自動ロスカットは、証拠金の20~30% (取引業者によって異なります)になると、
ポジションの一部やすべてを決済してしまうルールになっています。
ロスカットは強制的に行われるものや、警告の連絡やメールを送る会社などがあります。

証拠金が 10万円で、1ドル=115円のときに 1万ドルを買うと、
115円×10,000ドル=1,150,000円

その後、1ドル=102円になると、
102円×10,000ドル=1,020,000円

証拠金10万円に対し、8万円の評価損となり自動ロスカットが行われます。
※注意※ 自動ロスカットが 20% の場合

決して行われて欲しくないルールですが、
証拠金以上の損失にならないリスク管理ということなのでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。