上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中央銀行が市中銀行にお金を貸す場合に適用される金利のことです。
公定歩合とも呼ばれます。 これがスワップの計算に使われることになります。

政府は、政策金利を変動させますが、景気をコントロールするためです。
景気は、良すぎても悪すぎても良くありません。

インフレーション

景気が良すぎると、インフレーション(物価が非常に上がってしまうこと)
が起こり、企業の業績、社員の給料も上がり、金回りが良くなるため
人々が揃って物を買い出します。

そうなると、需要供給を上回り、物が不足するため価格が上昇します。
この状態が過熱すると、インフレーション(物価が非常に上がってしまうこと)になります。

デフレーション

景気が悪すぎると、デフレーション(物価が非常に下がってしまうこと)
が起こり、企業の業績が下がり、給料も下がり金回りが悪くなるため物が売れません。

そうなると、供給需要を上回り、物が余るため物の価格が下落します。
この状態が過熱すると、デフレーション(物価が非常に下がってしまうこと)になります。

どちらの状態も望ましくないため、政府は政策金利を調節します。

政策金利の役割

金利を上げるとお金を借りにくくなり、企業などが生産等に使う機械・機材などを
購入するのを控えます。 すると、生産の能力が伸びなくなり業績は停滞します。
お金を銀行等に預けるメリットが大きくなるため、消費よりも貯蓄に使われます。

金利を下げるとお金を借りやすくなり、企業などが生産等に使う機械・機材などを
購入します。 すると、生産の能力が高くなり業績は良くなります。
お金を銀行等に預けてもメリットが無いため、お金を貯蓄より投資や消費に使われます。

政策金利一覧表  http://blog.tokyoforex.jp/interest/

 ← ↑ トウキョウフォレックスからです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。