上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FXを始めて利益が出始めると嬉しいですが、「税金」の問題がでてきます。

FXでは、大きく儲けるほど税金が重くなる仕組みになっているのですが、
多くの方は利益が出始めてから税金対策を考え始めます。
しかし、最初から税金の事を念頭において、うまく節税対策をする事が大切です。

FXで得た利益は雑所得に区分され、年間20万円までは申告義務がありませんが、
スワップ投資をしている方は、毎年スワップ金利で利益が出ています。

申告不要枠の20万円を利用するかどうかで支払う税金の額が違ってきますが、
この20万円の枠を活かしましょう。 活かせば、
税率によって4万円~6万円の節税ができます。

通常のFX会社では、何年もスワップ金利が貯まっていき、決済しない限りは
雑所得になりませんが、決済しない年はいいとしても、決済した年には
数年分のスワップ金利に対しまとめて課税されてしまいます。

例えば、年に20万円のスワップ金利が発生する場合は、
2年分をまとめて決済すると40万円の20%の8万円が税金となるのです。

逆に言い換えれば、20万円ずつの2回に分けられれば申告不要となり、
税金はかからないという事になります。

そこで、決済をしなくてもスワップ金利を受取れる
セントラル短資 のようなFX会社を利用すれば可能です。

毎日スワップ金利が口座に入金され、
引出しも自由な為、決済の必要がありません。

その為、申告不要枠を使う事が可能になります。
こういったFX会社の様々な特徴を活かして、せっかくの利益を
少しでも多く残したいところです。 これは決して違法ではありませんので。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。