上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。

今週ももう終わろうかとしていますが、ドル円は基本的な見方としては
米景気や信用問題は、まだまだ改善されていないことからも
依然弱いドルと見れます。

次の FOMC でも、追加利下げが大半の見方であるようです。
金利でも弱い展開が続くので、必然的にドルが売られやすい
状況は変わらないと見ます。

テクニカル的には、昨日は一時 98円台半ばまでの下げましたが、
98.40を割り込まなかったので、短期的には少し反発があるかもしれません。

98円半ば~100円ちょい の変動幅でのレンジ相場かと思います。
上は 101.00、下は 98.40円 あたりでどちらに抜けるか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。