上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
簡単ですが、実際の取引仮定で説明してみます。

FXでは証拠金を担保にし、10倍~100倍 といった外貨取引きが可能です。
レバレッジをかける」、「レバレッジ○○倍で取引をする」という言い方が一般的です。

- 米ドル円の場合 -

レバレッジ1倍の時
1ドル=100円の時に1万ドルを買うためには100万円が必要になります。

レバレッジ10倍の時
1ドル=100円の時に1万ドルを買うためには10万円が必要になります。

※10万円の証拠金で1万ドルが買えることになります。
  レバレッジを高い設定にすれば更に大きな額を動かすことが可能になりますが、
  反面、同じ大きさのリスクも生じることになります。
------------------------------------------------------

FXでは、実際に口座の中で動くのは 『証拠金』 です。
証拠金とは 『預かり金』 のようなもので、損失が出たときには証拠金で賄うのです。

具体的な数字を出して説明すると、1ドル 100円の時に 1万ドル購入するとします。
レバレッジは10倍とします。)

円安方向に進み、1ドル 105円になりました。

(105×10000)-(100×10000)=50000円 / 50000円の利益です。

10万円の証拠金(元金)で、5万円の利益が出たことになります。

また、1年間保有していたとします。
日本円で 1万米ドルを購入すると、1日当り140円のスワップ金利とします。
スワップ金利は日々変動します。)

140×365 = 51100円

10万円の証拠金(元金)に対し、51100円のスワップ金利を受け取ることが出来ます。
為替差益と合算して、101100円の利益になります。
-----------------------------------------------------

上記と同条件として、証拠金 10万円、1ドル 100円の時に 1万ドル購入するとします。
その後、円高に進み、1ドル 95円になったとします。

(95×10000)-(100×10000)= -50000円 / -50000円の損失です。

10万円の証拠金(元金)で、5万円の損失が出たことになります。

同じく、1年間保有していたとします。
この期間もスワップ金利を受け取ることが出来きていますので、
5円円高時の決済だとして、上記の例で言えば、51100円のスワップ金利
受け取れるので、TOTALで 1100円 の利益になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。